ニートの就職と現実

ニートの就職と現実

どんなことがネックになって、ニートの就職は困難なのでしょうか。ニートの人が働きづらいのは、人と交じっての仕事が困難な人が多いことや、仕事の探しにくさが考えられます。ただし、比較的就職が容易なニートの人と、就職が非常に難しいと言われるニートの人とがいるようです。お金の都合で就職が難しいという人や、年齢などの採用条件が合致しないといった事情があって、やむなくニートで暮らしている人もいます。外に出る事に対してあまり問題がなく、他の人一緒に働くという面でも問題が無い場合には、どちらかというと就職しやすい人になります。これに対して、うつの症状があったり、パニック症候群と診断をされている人は、長く働ける職場を探そうとしても、思うようにはいかないでしょう。個人差はありますが、就職をするための就職セミナーや、採用試験への参加自体が難しいことがありますので、その時は難しい事態となります。仕事がしたくても、人と話すことが精神的な抑圧要因になったり、うつの悪化を引き起こすような人は、就職できたとしても長くは続きません。家の外に出ること、人と会話をすることから、体を慣らしていくことです。今すぐ就職といっても、少し難易度が高すぎますから、まずは人と話すこと、出かけることを考えましょう。ニートの人で就職を考えるならば、まずは自分の状態をよく把握して、どの程度なら自分ができるのかを考えて、それから仕事を選ぶ事が必要です。独力でできることには限りがありますので、ニートの就職を助けてくれるところで相談にのってもらうなどして、方向性を決めましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ