就職のお礼状の必要性

就職のお礼状の必要性

この頃は、内定が出るとお礼状を書くことが普通になっていますが、お礼状を書くことは、そもそも必要ないことだという考えを持っている人がいます。絶対にお礼状を書かなければいけないという決め事が存在しているわけではないので、最終的な判断は個々人の考えに委ねられます。面接や、就職一般に関するマナー本では、お礼状を書くことは、就職活動をする時にはすべきことだと書いてあったりします。仕事を開始する日まで、相手に持ってもらう好感度は高ければ高いほどいいという人は、お礼状を書くことを勧めるケースが少なくありません。実際のところ、面接のお礼状が採否の結果に影響するということは、あまり聞いたことが無いのも事実です。社員人数が少なければその限りではないですが、多くの会社では、お礼状を書いたとしても、人事の担当者がちらりと見るくらいです。そもそも、面接を突破して、採用になることは確定していますので、ここでお礼状を出したからといって、自分に有利な状況になるということは考えられません。お礼状を書いても、事務職の人の手に渡って終わりであり、お礼の心を伝えたいような、肝心な相手には届かない可能性も高いわけです。人によっては、お礼状は書く必要はないのだという考え方になるのも、頷けるでしょう。採用内定という結果が揺らぐものかどうかに関係なく、お礼状は出すことが当たり前という考え方もあるでしょう。他の人が出しているのか、出していないのかも気になるところですが、最終的には自分で判断するしか方法はありません。お礼状は、絶対に出さなければいけないものではありません。自分なりの判断と、状況を見極めた上で、書くかどうかを決定するといいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ